「日本の温室効果ガス排出削減の中期目標(NDC)に対する意見書」を公表しました

2019.11.29

「日本の温室効果ガス排出削減の中期目標(NDC)に対する意見書」を公表しました

 

 

 各国は現在、パリ協定実施において重要である、2030年を目途とした温室効果ガス排出削減の中期目標(NDC)の見直し(引上げの検討)を行っています。見直し後のNDCは、来年国連に提出することが求められています。そのため、まもなく始まるCOP25でも、各国にはNDC引上げにおけるリーダーシップを示すことが求められています。

 

 このような背景の下、本日、日本気候リーダーズ・パートナシップ(以下、JCLP)は、「日本の温室効果ガス排出削減の中期目標(NDC)に対する意見書」を公表し、関係省庁の大臣に送付しました。意見書では、2℃(1.5℃努力)目標に整合するように、NDCを引き上げることを求めています。

 

 JCLPは、この気候危機と日本の役割を重く受け止め、加盟企業は、その脱炭素化への取組をさらに推進していきます。また、社会全体の脱炭素化に貢献すべく、RE100、EV100、EP100、RE Actionといった活動を様々な主体とともに積極的に進め、日本政府とともに、2050年「実質ゼロ」を目指す所存です。

 

NDC意見書

 

英語はこちら