シンポジウムのご登壇者が変更になりました

2010.12.7

2010年12月10日に予定している「アジア気候リーダーシンポジウム」で韓国からのご登壇者が変更になりました。
韓国より、サムスンの環境経営推進組織であるサムスン地球環境研究所からご登壇頂くことになりました。
また、パネルディスカッションでは 、韓国の企業ネットワークであるCCBFの事務局が参加します。

 
韓国を代表する企業であるサムスンが気候変動問題をどのように捉えているのかを直接伺う、貴重な機会ではないかと思っております。香港のキャセイパシフィック航空、中国の華為(ファーウェイ)技術有限公司とJapan-CLPのメンバー企業と共に、アジアにおいて気候変動問題と企業の発展を両立するための方法を議論します。

 
詳細及び参加申込に関してはこちらをご覧ください。今週金曜日と差し迫っておりますが、皆様のご参加をお待ちしております。

 
■日時/場所 日時: 2010年12月10日(金) 10:00-12:10
場所: コンラッド東京 アネックス2階 「風波」の間
http://www.conradtokyo.co.jp/

 
■参加費 無料 (事前申込制:当日は参加証をご持参ください)
※参加証はお申込みいただいた後、メールにてお送り致します。

 
■主催
日本気候リーダーズ・パートナーシップ(Japan-CLP)
Japan-CLPご紹介:http://japan-clp.jp/

 
■後援
環境省・経済産業省

 
■海外招聘企業
● 【韓国】サムスン地球環境研究(サムスンの環境経営推進組織)
● 【香港】キャセイパシフィック航空(航空)
● 【中国】華為(ファーウェイ)技術有限公司(通信機器)