COP21パリ合意に向け、企業グループによる財務大臣宛の公開書簡に署名

2016.11.2

欧州の企業グループであるプリンス・オブ・ウェールズ企業リーダーズ・グループ(CLG)が、G20およびEUの財務大臣に対して、COP21で強固で意味ある合意が得られるように一層の努力を傾けることを促す公開書簡を発表しました。Japan-CLPを含む世界11の国際企業グループが賛同しています。
 

CLGによるプレスリリースと公開書簡(英語)はこちら