カーボン・トラッカーとの対話を実施しました。

2016.11.15

Japan-CLPは、英国を拠点とするシンクタンクのカーボン・トラッカーのCEOおよび英石油ガス大手元副社長との対話を実施しました。カーボン・トラッカーは「座礁資産」という概念で広く知られていますが、金融機関出身者による専門家集団で、資本市場の動きが気候変動問題の現実を反映することで、世界のエネルギー市場の安全性が確保されることを目指す分析や発信を行っています。パリ協定を受け、企業や投資家、政府が持つべき視点、気候リスクに関する最新動向について話を伺いました。