申込フォーム

2月28日に公表されたIPCCの最新レポート(AR6 WG2)を
執筆者に解説いただきます 

 

●IPCCの最新報告書(AR6 WG2報告書)
2月28日に、IPCCから第6次評価報告書(AR6)の第二弾となる第2作業部会(影響・適応・脆弱性)の報告書が公表されました。

 

 <この報告書の注目ポイント>
 ①人間活動とこれまで観測された気候災害の関係
 ②将来的な影響(気温上昇が1.5℃を超えたらどうなるのか?)
 ③適応の効果と限界
 ④どうやって気候変動に対してレジリエント(強靭)な社会をつくるか

 

●ウェビナーのご案内
同報告書の執筆者の一人でもある茨城大学 三村信男名誉教授(前学長)を講師に招き報告書の内容を解説いただきます。
皆様からのご質問を講師に回答いただく時間も確保する予定です。

 

【日時】4月15日(金)13:30 – 15:15 
【形式】オンライン(Zoom)

【講師】三村 信男(Nobuo Mimura)  講師プロフィール (外部リンク)
    茨城大学地球・地域環境共創機構特命教授

【対象】JCLP正会員・賛助会員 

 

申込締切:4月11日(月)

本イベントは定員に達したため、募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。