参加申し込みページ

IPCCの最新報告書(AR6 WG1報告書)

 

 本年8月9日に、IPCCから第6次評価報告書(AR6)の第一弾となる第1作業部会(自然科学的根拠)の報告書が公表され、これによって気候変動の科学に関する世界の常識がアップデートされる予定です。

 

<この報告書の注目ポイント>
①人間活動によって排出される温室効果ガスが地球の平均気温の上昇にどれだけ影響を与えているか?
②気温上昇によってどれだけの被害が生じているのか?
③気温上昇を1.5℃に抑えるために、どれくらい猶予があるのか?
④地球の温度上昇を止められなくなる臨界点とは?

 

特別ウェビナーのご案内

 今回のウェビナーでは、この報告書の執筆者の一人でもある国立環境研究所の江守先生を講師を招いて報告書の内容を解説いただく予定です。
 江守先生は、国立環境研究所の社会対話・協働推進オフィス 代表で、全国各地で講演をされたり、中高生向けの解説動画を出されています。

 

【概要】
【日時】8月12日(木)13:00 – 15:00 WEB会議(Zoom)
【講師】江守正多(Seita Emori)  講師プロフィール参照
【対象】JCLP正会員・賛助会員 
【申込】こちらから参加お申込みください。締切:8月10日(火)

 

 ※1社から複数名、お申込みいただけます。
 これを機会に、JCLP会員企業様の社内で課題共有・仲間集めをしていただけたらと存じますので、
 お誘いあわせの上、ご参加ください。

参加申し込みページ

※すべて入力必須です。