2018/08/08

 脱炭素化に向けてエネルギー転換やソリューション創出が進む中、Japan-CLPのような企業グループがどうあるべきかを協議すべく、The Prince of Wales's Corporate Leaders Group (CLG)の会長を務めるフィリップ・ジュベール氏とJapan-CLP共同代表間での対話が行われました。

 双方の直近での取り組みや思いを共有しながら、大局的なビジョンから個別具体的な推進のポイントまで活発な議論が行われ、今後のJapan-CLPの活動や政策提言を考える上で有意義な時間となりました。

 

フィリップ・ジュベール(Philippe Joubert)氏について
 The Prince of Wales's Corporate Leaders Group (CLG)会長。WBCSD (World Business Council for Sustainable Development:持続可能な開発のための世界経済人会議)上級顧問・専務理事・エネルギーと気候変動大使、GEI (Global Electricity Initiative)会長も務める。

 世界有数の重電メーカーである仏アルストムパワー社の元CEOで、WEC (World Energy Council: 世界エネルギー会議)のアドバイザーや複数のエネルギー関連企業の社外取締役を歴任。

 電力インフラ分野で25年以上の経験を持ち、気候変動問題への造詣も深い。世界の企業グループにおいて、強力なリーダーシップを持って脱炭素化を推進する中心的人物のひとり。

 

The Prince of Wales's Corporate Leaders Group(CLG)について
 英チャールズ皇太子支援の下、気候変動問題への解決策を政府や企業に提言する企業グループ。Japan-CLPは、気候変動を事業と政策提言で解決するというビジョンを共有しており、CLGとも積極的に連携しています。

The Prince of Wales's Corporate Leaders Group(英語)
https://www.corporateleadersgroup.com/

 

※ 写真左より、積水ハウス 石田建一 常務執行役員、リコー 加藤茂夫 執行役員、フィリップ・ジュベール CLG会長、LIXIL 川上敏弘部長

2018年7月

 リコー、イオン、NTTファシリティーズ鼎談 特別公開のお知らせ

ビジネスチャンス『脱炭素』を日本企業はいかに捉えるか

 

 

 NTTファシリティーズジャーナル(2018年7月発行)に、Japan-CLP会員企業であるリコー、イオン、NTTファシリティーズの鼎談が掲載されました。脱炭素化をビジネスチャンスと捉える先進企業3社のリアルな声が詰まっています。こちらのPDFファイルよりどうぞご一読ください。

 (ジャーナルより)
 低炭素からさらに踏み込んだ脱炭素は、企業にとってむしろビジネスチャンス――この発想の転換が世界的潮流となっている中、環境経営で諸外国に遅れをとっているといわれる日本企業は、どのような取り組みに力を入れていけば良いのか。Japan-CLP共同代表を務めるリコー執行役員サステナビリティ推進本部長の加藤茂夫氏、イオン執行役(環境・社会貢献・PR・IR担当)の三宅香氏に、当社社長の一法師が伺います。

>>鼎談の内容はこちら

 ※こちらの記事の著作権はNTTファシリティーズにあり、Japan-CLP事務局は同社の許可を得て掲載しています。

 

 

2018/07/20

Japan-CLP賛助会員に、キネクト・エナジー・グループが加盟しました。

 


新たなメンバーを迎えたJapan-CLPは、これからも「産業界が健全な危機感を持ち、
積極的な行動を開始すべきである」という認識の下に、 持続可能な脱炭素社会の実現を目指して、
企業の枠を超えた様々な活動に積極的に取り組んで参ります。

 

2018/07/20

Japan-CLP賛助会員に、コープさっぽろが加盟しました。

 


新たなメンバーを迎えたJapan-CLPは、これからも「産業界が健全な危機感を持ち、
積極的な行動を開始すべきである」という認識の下に、 持続可能な脱炭素社会の実現を目指して、
企業の枠を超えた様々な活動に積極的に取り組んで参ります。

 

2018/07/20

Japan-CLP賛助会員に、株式会社マクニカが加盟しました。

 


新たなメンバーを迎えたJapan-CLPは、これからも「産業界が健全な危機感を持ち、
積極的な行動を開始すべきである」という認識の下に、 持続可能な脱炭素社会の実現を目指して、
企業の枠を超えた様々な活動に積極的に取り組んで参ります。