2018年5月24日

城南信用金庫がRE100へ加盟

 

 Japan-CLPの賛助会員である城南信用金庫は、国際非営利組織クライメイト・グループ(The Climate Group)がCDPとのパートナーシップの下主催する、国際的な企業イニシアチブであるRE100への加盟を発表しました。

 城南信用金庫 ウェブサイト
http://www.jsbank.co.jp/about/newsrelease/pdf/2018-05-24-1-re100.pdf 

 

 日本企業のRE100への加盟は株式会社リコー、積水ハウス株式会社、アスクル株式会社、大和ハウス工業株式会社、ワタミ株式会社、イオン株式会社に続き7社目となります。

 Japan-CLPは、クライメイト・グループと正式に提携の上、日本でのRE100、EV100、EP100の普及を支援しています。

  

本件に関するお問い合わせ
日本気候リーダーズ・パートナーシップ事務局 (公益財団法人地球環境戦略研究機関内)
柴岡 TEL : 046-855-3871  email : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

>>RE100等について

 

2018/05/22

Japan-CLP賛助会員に、和のエネルギー株式会社が加盟しました。


新たなメンバーを迎えたJapan-CLPは、これからも「産業界が健全な危機感を持ち、
積極的な行動を開始すべきである」という認識の下に、 持続可能な脱炭素社会の実現を目指して、
企業の枠を超えた様々な活動に積極的に取り組んで参ります。

 

2018/05/18

新たにJapan-CLPに加盟した企業の担当者を主な対象とした勉強会を開催しました。
Japan-CLPの活動に有意義に参加するため、「企業の環境担当者が理解すべき“気候変動がビジネスに影響を及ぼす一連の経路"」や「RE100をはじめとする自社の脱炭素化を進める際のヒント」などについて触れ、会員企業間で交流を深めました。

 

2018/05/18

Japan-CLP賛助会員に、日本電信電話株式会社が加盟しました。

 


新たなメンバーを迎えたJapan-CLPは、これからも「産業界が健全な危機感を持ち、
積極的な行動を開始すべきである」という認識の下に、 持続可能な脱炭素社会の実現を目指して、
企業の枠を超えた様々な活動に積極的に取り組んで参ります。

 

2018/05/15

Japan-CLP賛助会員に、三菱自動車工業株式会社が加盟しました。

 


新たなメンバーを迎えたJapan-CLPは、これからも「産業界が健全な危機感を持ち、
積極的な行動を開始すべきである」という認識の下に、 持続可能な脱炭素社会の実現を目指して、
企業の枠を超えた様々な活動に積極的に取り組んで参ります。

 

2018/05/11

Japan-CLP賛助会員に、富士フイルムホールディングス株式会社が加盟しました。

 


新たなメンバーを迎えたJapan-CLPは、これからも「産業界が健全な危機感を持ち、
積極的な行動を開始すべきである」という認識の下に、 持続可能な脱炭素社会の実現を目指して、
企業の枠を超えた様々な活動に積極的に取り組んで参ります。

 

2018/5/10

Japan-CLPは、河野外務大臣との対話を実施しました。

4 月19 日、外務省有識者会合による気候変動に関する提言が河野外務大臣に提出され、同日Japan-CLP から提言への賛同声明を公開しました。

改めてJapan-CLP として提言への賛同の意をお伝えすると共に、気候変動・脱炭素に挑戦する企業の声を河野大臣に直接お伝えすべく、意見交換しました。

外務省からは、河野大臣、地球規模課題審議官、気候変動課長らがご出席されました。

 

 

 >>外務省による報道発表はこちら

 >>Japan-CLPの賛同表明についてはこちら