2018年10月26日

 

 Japan-CLPでは、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)本部事務局の主要メンバーであるカーティス・ラヴァネル(Curtis Ravenel)氏の来日の機会を捉え、TCFDの提言に関する最新動向把握&実践セミナーを開催しました。

 TCFDによる提言は、今後開示情報のスタンダードとなっていく可能性があります。一方で、その理解はまだ始まったばかりです。

 今回、TCFDの動向に詳しいカーティス・ラヴァネル氏より、各国の対応状況や金融業界・企業の対応状況、新たな支援策やツールなどに関する最新動向を伺いました。また、EY新日本有限責任監査法人より、企業が自社の実践に繋げる上で有用となる事例やシナリオ分析についてご紹介いただきました。