2017年11月28日

アスクル株式会社がEV100、RE100への同時加盟を発表
- EV100、RE100同時加盟は世界初 -

 

 日本気候リーダーズ・パートナーシップ(以下、Japan-CLP)のメンバー企業であるアスクル株式会社は、国際非営利組織クライメイト・グループ(The Climate Group)が主催する国際的な企業イニシアチブであるEV100、RE100への同時加盟を、2017年11月28日(火)開催の「アスクル環境フォーラム2017」で発表します。


 アスクル株式会社は、昨年の「アスクル環境フォーラム2016」*にて、2030年までのCO2ゼロチャレンジを発表しており、今回のEV100、RE100加盟はその具体的なアクションとなるもので、需要家の立場からマーケットへ脱炭素ソリューションのニーズ、というシグナルを発する重要な取り組みです。


 日本企業のEV100への加盟は、イオンモール株式会社に続き2社目、同じくRE100への加盟は株式会社リコー、積水ハウス株式会社に続き3社目となります。なお、EV100、RE100への同時加盟は、アスクル株式会社が世界初となります(既に両方に加盟している企業は複数社有)。


 近年、気候変動によるビジネスリスク・機会に関する認知の高まりを受け、ビジネス戦略の一環として自社事業を脱炭素化し、また脱炭素ソリューション創出によってビジネス機会を獲得する動きが加速しています。EV100、RE100は、それらの動きを代表する具体的な活動の一つであり、企業自らが脱炭素化にコミットすることで、新しいマーケットの創造とソリューションの創出を意図するものと捉えられます。


 Japan-CLPは、クライメイト・グループと正式に提携の上、日本でのEV100、RE100等の普及を支援しています。アスクル株式会社を含め、現時点でEV100、RE100に加盟している企業はJapan-CLPの主要なメンバー企業です。Japan-CLPは、企業の立場から脱炭素社会の実現を目指し、転換期に求められる企業となることを目指します。

※「アスクル環境フォーラム」は、気候変動対策や脱炭素社会の実現に向けた企業間連携の可能性を、個々の企業による取り組みだけではなく、サプライチェーンに関わる企業が連携・協力することで、具体的な行動へ繋げることを目指しています。このフォーラムは、アスクル株式会社の岩田彰一郎代表取締役社長 兼 CEOが2013年にJapan-CLP・駐日英国大使館主催の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)科学者との対話」に出席し、気候変動への危機感を共有したのがきっかけとなり、2016年より始まったものです。


本件に関するお問い合わせ
日本気候リーダーズ・パートナーシップ事務局 (公益財団法人地球環境戦略研究機関内)
柴岡 TEL : 046-855-3871  email : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

>>EV100、RE100について

PDFダウンロードはこちら