2018年11月30日

 JCLPは本日、現在政府が検討を進める「パリ協定に基づく長期成長戦略」への提言を公表しました。

  近年、猛暑や豪雨、強度を増す台風、寸断されるサプライチェーンなど、気候変動の被害は深刻度を増しています。科学的な見地からは、今後これらの被害が深刻度を増し、社会の安定が脅かされる事態が生じることも指摘されています。また、気候変動の深刻な被害を避けるには、気温上昇に歯止めをかける必要があること、そのためには世界の温室効果ガスの累積排出量に上限を設ける必要性が示されています。

 このような中、日本政府は現在、気候変動と日本の発展とを踏まえた長期成長戦略の検討を進めています。長期成長戦略は、日本の各階層に脱炭素社会という方向性を示すうえで、また、個別の気候変動政策やエネルギー政策への影響という点で、今後の日本の脱炭素化の進展を左右する最も重要なテーマです。また、国際的にも、日本の技術的潜在力への期待、及び国内外における石炭火力発電への関与への懸念という両面で、日本がどのような戦略を打ち出すのかに注目が集まっています。

 

  上記の長期成長戦略の重要性を踏まえ、JCLPは、以下の趣旨の提言を公表しました(本文参照):

  • 国民全体で気候変動への危機感を共有する:国民全体が一丸となって同じ方向に進むため、「なぜ脱炭素社会の実現が必要なのか」という理由を納得できるよう、政府が率先して発信する。

  • 「脱炭素ビジネス立国」をビジョンとして掲げる:世界に先駆けて脱炭素社会を実現し、そこで培った脱炭素ビジネスを世界展開することで、国際貢献と経済的繁栄を両立する。

  • 気候変動の危機を避けるために必要な削減規模や時間軸を明示する目的地(ゴール)として、「2050年に日本国内の温室効果ガス排出ゼロ(排出と吸収を踏まえた正味ゼロ)」を明記する。

  • 国内排出ゼロへの経路として、好循環の起点となる日本の脱炭素関連市場の拡大と、そのために必要な基盤としてカーボンプライシングと公共投資による脱炭素インフラの整備を明記する。

  • 「転換マネジメント」の仕組みを構築する:社会全体がスムーズに転換を進められるように、科学的見地を踏まえたPDCAの仕組みと、を脱炭素化の難易度が高い分野への配慮を行う。

  

 なお、提言に対する市民の支持の程度を示し、提言内容と併せて政策立案の参考資料としていただくことを目的に、全国の18~69歳の市民1,000人へのオンライン調査を実施しました。

 その結果、「気候変動は国民の生命と財産を脅かす」などのJCLPの気候変動への認識に9割以上の人が同意していること、各提言の内容については、「賛成できる」と回答した人が約3割、「まあ賛成できる」と回答した人が約6割で、一貫して95%前後の人が提言内容に賛成していることが分かりました。

 

提言本文:「パリ協定に基づく長期成長戦略」への提言(PDF)

参考:オンライン調査結果の詳細はこちら 

 

November 30, 2018 


Japan Climate Leaders’ Partnership (JCLP), a coalition of more than 90 companies working together to achieve a zero-carbon economy in Japan, has published a recommendation for Japan’s Long-Term Growth Strategy Under the Paris Agreement, calling for government to articulate the goal of net zero emissions by 2050. 

The long-term growth strategy plays a role of particular importance in building a shared vision of a zero-carbon society among all actors in Japan and enabling long-term decision making by these actors.

To this end, the strategy must offer a clear signal of the sustained commitment to the goal of decarbonization and chart pathways toward the goal.   

From this perspective, JCLP makes the following recommendations:

  1. Ensure that all citizens are clearly aware of the threat posed by climate change

    The realization of a zero-carbon society is a national endeavor that requires the alignment of all actors toward the shared goal. It is essential that the entire society understands and agrees with the reasons why a zero-carbon society must be achieved.

  2. Set a vision to "become a global leader in the decarbonized economy"

    The long-term strategy needs to clearly set a vision for Japan to become a global leader in the decarbonized economy. By achieving a zero-carbon society and developing high-quality decarbonized products and services as a forerunner, Japan can reap the most economic benefits and be a positive driving force in the global pathway of decarbonization at the same time.

  3. Articulate the goal of zero domestic GHG emissions by 2050

    It is essential to commit to a clear national goal of zero emissions by 2050. Articulating the scale and time frame of emissions reduction required to avoid serious damage from climate change will enable all actors to align their actions.

  4. As a path to net zero emissions, commit to introducing carbon pricing as well as developing infrastructure through public investment that together prompts the expansion of Japan’s decarbonized market

    To allow for the development and extensive adoption of decarbonized products and services required for a zero-carbon society, a positive feedback loop needs to be generated in the economy.

    This feedback loop is a process where innovation and cost reduction brought about by companies’ investment of their resources trigger market expansion, leading to further innovation. One prerequisite for this positive feedback loop is the creation of a market for decarbonized products and services to induce companies’ investment of their resources.

    Carbon pricing, which ensures that the competitiveness of products and services with zero (or low) carbon footprints, is an essential and effective tool for this market creation. In addition, we need public investment for the infrastructure necessary to increase the uptake of decarbonized products and services.

  5. Create frameworks and mechanisms to manage the transition

    Our society needs to have frameworks and mechanisms that will enable a smooth and steady overall transition to a zero-carbon society. More specifically, we must use Plan-Do-Check-Act (PDCA) mechanisms based on scientific knowledge and provide assistance measures as well as grace periods to sectors that have a greater difficulty in decarbonizing their businesses.

Read the recommendation here.

 

Japan Climate Leaders Partnership (JCLP) is a coalition of more than 90 Japanese companies that aims to create a zero-carbon society, seizing on the idea that sustainable low-carbon development is a prerequisite for economic activity. It was set up in 2009 to urge the business sector in Japan to develop a sense of urgency on climate actions and to initiate a more proactive response. Recognizing the key challenge climate change poses to society its members are committed to bold action and to integrate decarbonization measures into their core business models. JCLP remains unique in Japan in that a key focus is policy engagement around actions for decarbonization, aimed at both local and central governments in the country. 

 

 

2018/11/19

JCLP賛助会員に、株式会社メディオテックが加盟しました。
 

新たなメンバーを迎えたJCLPは、これからも「産業界が健全な危機感を持ち、積極的な行動を開始すべきである」という認識の下に、 持続可能な脱炭素社会の実現を目指して、企業の枠を超えた様々な活動に積極的に取り組んで参ります。

 

2018年11月16日  


 JCLPでは、
長崎県の五島列島にある浮体式洋上風力発電設備の視察を実施しました。

 浮体式洋上風力施設だけでなく、浮体を積込み沖合いで進水することが可能な半潜水型スパッド台船(フロートレイザー)や水素燃料電池船も視察することが出来ました。

 また、五島市の野口市長を表敬訪問した後、五島市内の商工関係者の皆様とともに、電力系統の観点から再生エネルギーの導入拡大に取り組んでおられる京都大学大学院 安田陽 教授の講演を拝聴し、再生可能エネルギーの導入拡大における課題や今後のあり方について理解を深めました。

 【浮体式洋上風力発電設備】
発電設備の形状・寸法は海中の一番深いところから風車翼(ブレード)の先端までの全長が172m、海面上に浮いて見える部分の高さは96m。円筒部の最大直径は7.8m、総重量は約3,400トン。

出典:http://www.toda.co.jp/solution/ecology/special/windmill_02.html

 

 

 

2018/11/15

JCLP賛助会員に、ハンファQセルズジャパン株式会社が加盟しました。 
新たなメンバーを迎えたJCLPは、これからも「産業界が健全な危機感を持ち、積極的な行動を開始すべきである」という認識の下に、 持続可能な脱炭素社会の実現を目指して、企業の枠を超えた様々な活動に積極的に取り組んで参ります。