社長名
代表取締役社長
村田 恒夫

担当部署
新規事業推進部
企業紹介

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自の材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤により独創的な製品を創出し、エレクトロニクス技術を通じて持続可能な社会の発展に貢献していきます。

社長メッセージ

当社は創業期から会社の理念として社是の一節に「独自の製品を供給して文化の発展に貢献」と掲げてきました。この中には、私たちの製品を通じて生活をより豊かに、より質の高いものにし、持続可能な社会に貢献していきたいという強い思いが込められています。

特に気候変動・エネルギー分野はエレクトロニクス技術によるイノベーションの可能性が大きい分野であり、当社でも住宅の再エネ利用を促進するために長寿命かつ高い安全性を持つ蓄電ユニットを開発するなど、事業を通じた貢献を進めています。

また、持続可能なものづくりが持続的な企業成長を可能にするとの観点から、自社のGHG削減を専門に扱う温暖化防止委員会を組織し、中長期の温暖化防止ビジョン策定と、その実現に向けた省エネ・再エネの推進を全社で取り組んで参ります。

コミットメント

当社は、持続可能なものづくりこそが持続的な企業成長をもたらすとの認識に立ち、SBTの考え方に基づく中長期ビジョンを設定して自社の気候変動対策を進めるとともに、エレクトロニクス技術を用いたセンシング、IoT、エネルギーマネジメントを普及させることで持続可能な社会の実現に貢献して参ります。

自社の気候変動対策では、主要な生産拠点、事業部門、開発部門、機能スタッフの責任者を委員とし、取締役が委員長を務める温暖化防止委員会を組織し、2030年と2050年の中長期ビジョンを達成するべく、製品や生産設備の設計・開発段階から製造工程にいたるまで、ムラタグループ全体で省エネ、再エネを推進しています。

このうち省エネでは独自の省エネ投資回収基準による積極的な設備投資と、自社製品を用いたエネルギーマネジメントシステムの構築に注力し、高いエネルギー生産性の追求を行っています。また再エネでは国内外の当社サイトにメガソーラ―を設置して再エネ利用を促進するとともに、調達する電力のグリーン化についても検討を進めます。

当社では、日本気候リーダーズ・パートナーシップへの参画を通じて、社外の最先端の知見を取り入れて自社の活動を加速させるだけでなく、他の会員企業様との協働により世界のGHG削減にも寄与していきたいと考えています。気候変動・エネルギーの分野においてもエレクトロニクス技術を用いたInnovatorとして、持続可能な社会の実現に貢献して参ります。