社長名
取締役 兼 代表執行役社長・グループCEO
井上 亮

担当部署
経営計画部
企業紹介

 オリックスは常に新しいビジネスを追求し、先進的な商品・サービスを提供する金融サービスグループです。融資、投資、生命保険、銀行、資産運用、自動車関連、不動産、環境エネルギー関連など多角的かつグローバルに事業を展開しています。

社長メッセージ

 オリックスは1990年代半ばから環境エネルギー事業に取り組み、リサイクル、廃棄物処理、省エネルギーサービス、電力供給、再生可能エネルギー発電、蓄電池活用など幅広い事業を展開してまいりました。
 この間、人類の存在をも脅かす気候変動問題が人為的要因であることが科学的に立証され、世界はパリ協定に見られるように一丸となって脱炭素型社会へのシフトに向け動き始めています。現在、再生可能エネルギーの活用や集約型から分散型エネルギーシステムへのシフト、さらにブロックチェーンをはじめとした金融デジタル技術のエネルギー分野への応用など、さまざまな気候変動に対する取り組みが同時並行的に進んでおります。
 オリックスは、このような世界の潮流を捉え、国内のみならず海外市場へも環境エネルギー事業を拡大して行くことで、引き続きビジネスを通じて、社会の環境・エネルギー課題の解決に積極的に取り組み、社会に貢献してまいります。

コミットメント

オリックスでは、以下のような環境方針と活動目標を定めています。
環境方針「オリックスグループは、お客様や社会のニーズを捉え、ビジネスを通じて環境・エネルギー問題の解決に貢献します。また、事業領域の拡大・成長による変化を踏まえ、これに適った対応を進めます。」
活動目標「1.お客さまと社会の環境・エネルギー課題の解決に寄与する、新たなエコサービスの提供に努めます。2.事業活動が環境へ及ぼす影響を把握し、環境関連法規の遵守と環境負荷低減に努めます。3.各事業の特性を踏まえた環境対応がなされるよう、社員の意識と知識の向上に努めます。4.法令等で要求される情報開示事項や環境への取組状況について、適切な情報提供に努めます。」
オリックスでは、金融やサービスを通じて新しい価値、新しいマーケットを創り出し、経済に活力をもたらすこと、社会に貢献することを目指しています。環境エネルギー事業についても環境方針および活動目標を踏まえて積極的に取り組み、新たな付加価値を提供してまいります。