第1回:申込み

第6次エネルギー基本計画及びNDC・地球温暖化対策計画の連続勉強会を実施します。

第1回は各計画の内容に、第2回は政策プロセスに焦点を当てます。

 

 

【開催趣旨】
JCLPが継続的に注視し政策提言をしてきたエネ基及びNDC・温対計画が、10月の閣議決定の後、いよいよ実行フェーズに入ります。

 

これらの計画を確実に実行し、次の計画の見直しに向けて取組をさらに強化させていくことが、日本が1.5℃目標達成に貢献する上で重要となります。

 

他方、岸田新政権は、両計画の実行について菅政権からの踏襲を明言しつつも、エネ基に産業政策の視点を加えた「クリーンエネルギー戦略」の策定を予定しており、今後の動向が注目されます。

 

以上を踏まえ、改めてエネ基及びNDC・温対計画の内容と政策決定プロセスを深堀、考察する連続勉強会を開催いたします。今後の個社の脱炭素化やJCLPの政策提言のご参考になれば幸いです。

 

 

【勉強会の見どころ】
エネ基(エネMIXを含む)及びNDCに関して、以下の視点から深堀、考察します。
 ・  再エネ38%以上(できれば50%)を目指すとすればどういった施策が必要
 ・  需要家企業に求められる対応
 ・  熱の脱炭素化、水素利用等今後重要性を増す分野の方向性
 ・  1.5℃目標との整合に向けて、取組強化が必要な分野はどこか、
   これらの分野の取組強化策 
 ・ 政策意思決定プロセスの要点・特徴(排出削減目標や再エネ目標の引き上げに
   何が有効であったのか、従来と異なる点、今後への示唆)など

 

 

【開催概要・申込】
第1回 エネ基及びNDC・温対計画に関する勉強会
    「計画の内容に関する深堀・考察」

日時:12月9日(木) 16:00~17:15

形式:オンライン(Zoom)

講師:増井 利彦
   国立環境研究所、社会システム領域(脱炭素対策評価研究室)/室長(研究)

対象:JCLP正会員、賛助会員

締切:12月7日(火)

 

 

第2回は、こちらからお申込みください。

 

第1回:申込み

※すべて入力必須です。