磯野 謙  自然電力株式会社 代表取締役社長

老舗企業や行政と、私たちのような新興企業が出会い、
お互いの強みを活かした事業検討へと繋がっていける、貴重な機会です。

社会的信頼と、先進的でユニークな技術やサービスを掛け合わせることで、
社会により大きなインパクトを与えるイノベーションを起こすことができると思います。

 

鳥居 泰  日軽パネルシステム株式会社 営業企画グループ長

気候変動という極めて大きなテーマに取り組むには、各国の取り組みやマーケット・行政の動向など、幅広い情報収集が欠かせません。

対話会から得られる情報や、環境問題に対して高い意識をお持ちの会員各社との交流は、自社の中長期的な戦略の策定において重要なポジションを占めています。

 

  

 

立花 丈美  アスクル株式会社 CSR・総務本部CSR推進

モロッコ・マラケシュで開催されたCOP22のビジネスイベントでは、世界的な企業のCEOが気候変動に取り組む姿を目の当たりにし、今こそ、企業がそのイノベーションによって力を発揮すべきときだと感じました。途上国の発展と人口増加を前にすると、ともすれば2℃目標の達成は無理ではないかと思ってしまいますが、世界では想像を超える速さで再エネが広がり、人類は気候変動を克服できるという希望を抱かせてくれました。

一方、世界における日本の存在感のなさを様々な場所で感じ、日本の目標達成のためにもJapan-CLPの一員として発信することの大切さを再認識しました。
CDP・カーボントラッカー・EV100など、ホットな会合にも参加することができ、COPへの参加は、世界の潮流を肌で感じるすばらしい機会となりました。

川上 敏弘  株式会社LIXIL EHS推進部 部長

気候変動が地球環境に与える影響が顕在化し、パリ協定や地球温暖化対策計画で中長期的な目標が示された今、気候変動がビジネスのバックグラウンドに与える影響は増すばかりです。

Japan-CLP では、COPビジネス会合への参加や国際機関・政府関係者・科学者といった多様な層との対話の機会を通じて、気候変動に関するダイナミックな潮流を掴むことができます。

LIXILグループにおいて2030年に向けた新しい環境ビジョンと戦略を策定した際には、ここで得られた知見や視座が役に立ちました。

小山 貴史  エコワークス株式会社 代表取締役社長

COP21関連ビジネス会合では世界中のグローバル企業が気候変動リスクを事業機会として捉え、既にトップスピードで戦略的な取り組みを始めていることを肌感覚で掴むと同時に、ゼロ炭素社会をイメージすることができ大きな収穫がありました。

国内ではCOPを取り巻くビジネスの動向の報道は殆どありません。このままでは日本の企業がガラパゴス化する懸念を覚えるほどに世界はダイナミックに変化しています。

企業の長期戦略を考える経営的なお立場の方の参加をぜひお勧めいたします。

 

亀井 一行  アスクル株式会社
CSR・総務本部CSR推進環境管理責任者 統括部長

アスクルは2014年4月にJapan-CLPに加盟しました。加盟目的は、他の環境先進企業とともに、気候変動問題に向き合い、脱炭素社会にいち早く対応するためです。

Japan-CLPでの活動や『気候リーダーズ・シグナル』の情報は、気候変動対策に関する各加盟企業との情報交換、国際的な貴重な情報の入手ができるため、大変有益と考えています。

 

荻巣 和紀  株式会社エンビプロ・ホールディングス 事業企画部付部長
株式会社ブライトイノベーション 執行役員

今後、気候変動問題への取組みレベルが、競争優位性や組織の存続そのものにも影響を及ぼす社会になってくことが想定されます。そのため、気候変動の最新動向を把握することは企業経営にとって重要となります。

「気候リーダーズ・シグナル」は、環境事業会社である当社の事業運営にとって重要な情報媒体となっています。

  

牛島 慶一  新日本有限責任監査法人 
CCaSS 日本エリアリーダー マネージング・ディレクター

一般のメディアではなかなか報道されない気候変動の影響。

持続可能な経営の実践において、こうした問題に対する感性と、これを将来の経営の制約要件として捉える想像力が問われていると思います。

ここ日本においても世界的な視点で最新の情報に接する事のできる、貴重な情報源だと思います。

 

三戸 篤史  DOWAエコシステム株式会社
環境ソリューション室主席研究員

我々がメディアから見聞きする情報と、この「気候リーダーズ・シグナル」とのギャップに驚かされています。
「まだまだ気候問題は先の話」と思っている方には必見!
「そろそろ気候問題に取り組まないと・・・」と思っている方にも必見!
「すでに気候問題に取り組んでいるけどさらなる情報を・・・」と思っている方には当然、必見の「気候リーダーズ・シグナル」。
いつも貴重な情報をありがとうございます。

 

山崎 誠也  富士通株式会社
環境本部グリーンソリューション推進部部長

パリ協定を契機に、世界では様々なセクターの動きが加速しています。「気候リーダーズ・シグナル」は、最新の科学的知見をはじめ、政府、民間、金融、NPOなど、多岐にわたる情報が網羅されています。

世界の動きを毎月把握することができ、自社の気候戦略の振り返りや新たなアクションの検討に活用しております。

 

加藤 茂夫  株式会社リコー 
執行役員 サステナビリティ推進本部長

気候変動への対応を経営リスク・機会の視点で捉え、単なる情報開示やPRのみならず具体的な成長戦略として如何に取り込んでいくのか、私たち日本企業が直面する大きな経営課題の1つといえます。

リコーでは、Japan-CLPのニュースレターが提供する気候変動に関するグローバルな最新情報を環境部門のみならず、執行役員以上の経営層とも共有、経営層の議論の材料としても活用しています。