2016/11/14

パリ協定を受け、脱炭素経済への移行において海外企業はどのような視点を持ち、どういった行動を取っているのか。Japan-CLPはマラケシュにて、グローバル企業25社が参加する欧州の企業グループPrince of Wales’ Corporate Leaders Group (CLG)との対話を実施しました。CLG会長でWBCSDの上級顧問・気候変動特使でもあるフィリップ・ジュベール氏の他、CLGメンバー企業でスペインのエネルギーインフラ大手Acciona、同建設大手Ferrovial、英BTから、最高環境責任者(CSO)などが参加しました。