気候変動知識メニュー

気候変動問題の概要

気候変動は、社会の安定を脅かす危機である。
将来の分野別リスク  (IPCC第5次評価報告書WG2 政策担当者サマリーより抜粋)

沿岸低地: 海面上昇で洪水が増え、適応策なしでは数億人が移住を迫られる
食料安全: 約4℃以上の局所的温暖化で食糧安全保障に重大リスク
経済部門: 2.5℃上昇で世界経済の損失は0.2~2%の可能性
健康: 熱波や食料不足による病気・死亡の可能性増大
貧困: 食料不足、経済減速が新たな貧困の引き金に
人間の安全保障: 貧困増大等により、内戦・紛争リスクが間接的に増大

深刻な影響回避へ「産業革命後の気温上昇2℃以内」が国際合意されている。

・ 気候変動影響の避けるべき危険レベルとして「産業革命後の気温上昇を2℃以内に抑える」という目安が、メキシコのカンクンで開催されたCOP16(2010年)で合意されています(一般的に「2℃目標」と呼ばれています)。

・ この目標は、許容しがたい影響の回避という観点から、温暖化影響に関する科学的知見の蓄積を参照しつつ、総合的に検討された結果、国際社会が合意した政策的な判断です。

・ 産業革命後、現在までに既に0.85℃(今年は既に1℃を超えたとの報道もあります)程度、気温が上昇しており、2℃目標は「現在からの温度上昇を1.15℃以内に抑える」ことに相当します。

・ なお、ここでいう「2℃」は、全地球の平均気温を指します。全球平均気温上昇が2℃だとしても、地域的には気温上昇が1℃の場所もあれば3℃のところもあります。一般に、海洋に比べると陸地で、低緯度に比べると高緯度で、より大きな昇温が起きると予想されています。